【投資信託】eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)ってなに?分かりやすく商品を解説します。

どうも。タツです。
本記事をご覧いただきありがとうございます。

今回は僕が投資している「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」について解説してきます!
といっても僕がこの投資信託に変えたのはつい最近で、以前は「eMAXIS Slim 全世界株式 オールカントリー」に投資していました。変えた理由は以下の資産運用レポートを見てもらえればと思います。

「eMAXIS Slim 全世界株式 オールカントリー」と「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」の違いは商品名の通り、投資先が全世界の中で日本が入っているかいないかの違いです。細かな比較をしているブログもあるので気になる方は調べてみてください。この記事では「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」のみを詳細に解説します。

本記事はこんな人におすすめ!
・資産運用を始めたいけど何に投資すればいいか迷っている
・個別株を自分で選ぶよりもよりも投資信託で投資したい!

「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」とは

「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」は三菱UFJ国際投信が販売している投資信託商品です。全世界株式なので、先進国、新興国まんべんなく投資できるように設定されています。ただし先進国の中で日本は含まれていない商品となります。
投資先の国とその割合については以下のようになっています。

引用:https://emaxis.jp/pdf/koumokuromi/253209/253209_20210127.pdf

これは三菱UFJ国際投信で公開されている情報ですが、見てわかり通り米国株が62.6%と半分以上を占めています。現状の世界経済は米国が中心になっているのでこのような割合になるのは当たり前ではありますが…(笑)
投資先は米国を含め、先進国は22カ国、新興国は26カ国とかなり幅広くなっています。もちろん株式なのでその国の中の様々な企業に投資することになります。
幅広く投資をすることはリスク分散につながりますし、個人で個別の株を48カ国に投資するのは不可能だと思いますので、こういった投資信託商品はメリットがあると思います。
また、今は米国株が6割以上の割合を占めていますが、こちらの商品は投資割合を調整してくれるので世界経済の状況が変わったからといって自分で何かをする必要もありません。

eMAXIS Slimシリーズは手数料が安い!

長期投資をするうえで気にしなければならないのは、なんといっても手数料です。なぜなら僕たちのような若い世代はいきなり数百万、数千万を投資することができず、小さなお金でコツコツと何回も投資をすることになります。また、10年、20年と投資をすることになるので管理費用というのも気にしなければなりません。
eMAXIS Slimシリーズは投資信託商品の中でもかなり安い手数料となっていて、その一つである「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」も手数料がとても安くなっています。手数料についてまとめました!

項目費用
信託報酬/年
※投資信託商品の管理費用
0.1144%
買付手数料
※投資信託商品を買うときの手数料
なし
解約手数料
※投資信託商品を売るときの手数料
なし
実質コスト0.209%

かかる費用こちらになります。ほかの信託商品を調べてみると分かるのですが、この手数料は個人的には安いと思います。ちなみにオールカントリーも同じ手数料です。※実質コストは異なります。
手数料が安くなる理由は、運用している純資産が多いためです。純資産が増えれば増えるほど手数料は引き下げられることになります。

2021/3/12までの運用チャート

引用:https://emaxis.jp/mattoco/fund/253209.html

こちらが現在までの基準価格のチャートになります。2018年から始まって順調に価格が上昇しているが分かります。2020年の3月に一度大きく下がっているのは新型コロナによる影響です。ですが、そこからすでに基準価格を戻し暴落以上の価格に上がっていることが分かります。

投資信託は何でもいいのか?

投資信託はほんとにいろいろあって探し始めると延々と探すことになります。(笑)
その中でも大きい区分で分けると「インデックスファンド」「アクティブファンド」があります。
インデックスファンドとは、指数に合わせた成績を目指すように運用されている投資信託です。ニュースでたまに出てくる日経平均株価とかNYダウとかあるのですが、そういった指数と連動していくイメージです。
アクティブファンドは、その指数を上回るような成績を目指すように運用されている投資信託です。「こっちのほうがいいじゃん!」と思う方もいると思いますが、実際の運用成績を見るとあまりいいとは言えません。
また、アクティブファンドはインデックスファンドよりも良い成績を目指すことからリスクを取るため、信託会社の保証のために手数料が高くなります。なので、アクティブファンドは僕としてはお勧めしません。
どうせ10年、20年と積み立て投資をしていくならできる限り手数料が安く、投資成績も十分出している投資信託商品を選びましょう!

「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」について紹介しました!
・「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」は新興国、先進国(日本を除く)の様々な国に投資している
・投資先の組み合わせは自動で調整してくれる!
・手数料がほかの投資信託と比較しても安い!
・インデックスファンドとアクティブファンドがある

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!
長期投資に向いている投資信託の一つである「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」をご紹介しました。ほかにもeMAXIS Slimシリーズの商品もありますし、そのほかの会社が出している商品もあります。ご自身でよく調べてから投資を始めるようにしましょう。あくまでも投資は自己責任です。
それではまた次回の記事で。

口座開設はSBI証券がおすすめ!